フィナステリドQ&A~薄毛や抜け毛~

薬を持っている男性

フィナステリドとは、『飲む育毛剤』とも呼ばれることがある、男性型脱毛症治療の現場において使用される薬の主成分です。
元々は前立腺に関する疾患治療のために使用されていた成分で、男性ホルモンや、それに作用を及ぼす特定酵素に働きかける効果があります。
男性型脱毛症とは成人以降の男性に多い薄毛、抜け毛です。
これが発症する原因は様々なのですが、最近では男性ホルモンと特定酵素が大きな原因のひとつとされています。
男性ホルモンが毛乳頭細胞にある受容体に入ると、そこで特定酵素の働きを受けます。
すると男性ホルモンが発毛や育毛を阻害する物質に変換されてしまうと言うのが、そのメカニズムです。
フィナステリドには、男性ホルモンの過剰分泌を抑制する作用や、これを発毛阻害物質に変換してしまう特定酵素の働きを抑制する作用があるため、男性型脱毛症治療の現場で使用されていると言うわけです。
男性型脱毛症の大きな原因のひとつに働きかける力が大きいため、男性型脱毛症発症の原因が男性ホルモンと特定酵素の作用である場合には、フィナステリドを含む治療薬を飲み続けることで症状が改善できる確率は非常に高いと言うことができます。
ただし自己判断で服用するのはあまりおすすめできません。
医療機関を受診して、その診断結果によって服用することをおすすめします。
また注意したいのは、フィナステリドを含む治療薬の使用は男性限定であると言うことです。
フィナステリドを含む薬にはプロペシアやフィンペシアがあります。
プロペシアやフィンペシアを通販で購入する方法もあるため、手軽に入手することができます。
男性ホルモンに働きかける力が強いため、いくら薄毛や抜け毛が気になるからと言って女性がこの成分を含む治療薬を使用した場合には、体内のホルモンバランスが大きく崩れてしまう可能性も否定できません。
特に妊娠を目指している女性や妊娠中の女性は、フィナステリドを含んだ治療薬の欠片にすら触れることが禁じられているくらいです。
そうした女性が身近にいる男性は、フィナステリドを含んだ薬の扱いそのものに配慮する必要があります。