• ホーム
  • フィナステリドの副作用について教えてください

フィナステリドの副作用について教えてください

2019年05月10日
鏡を見ている男性

フィナステリドは、男性型脱毛症治療の際に使用される薬に含まれている主成分です。
男性型脱毛症は、男性ホルモンが毛乳頭細胞の受容体に入り込むことから始まります。
そこで特定の酵素の作用を受けると、男性ホルモンは発毛を阻害する物質へと変換されてしまいます。
それによって、特に額の生え際やつむじ部分に薄毛が発生すると言うのがメカニズムです。
フィナステリドはもともと前立腺疾患のために使用されていた成分です。
そのため男性ホルモンの分泌に作用する効能があります。
ですからフィナステリドを含んだ治療薬をきちんと服用し続ければ、男性ホルモンと特定酵素を原因とする男性型脱毛症には高い改善効果を期待することができます。
ただしフィナステリドは、男性ホルモンの分泌に意図的に作用を及ぼすため、副作用の発生が完全に否定できるものではありません。
男性ホルモンは、男性器やその中で作られる精子に対して重要な役割を持っています。
ですからそれが意図的に作用されることで、たとえば性欲の減退、勃起不全や勃起が維持されないなどのいわゆるEDと呼ばれる症状、また精子の減少と言った副作用が見られるケースもあります。
またフィナステリドは男性のみに服用が認可されている成分であり、女性がこの成分を摂取してしまった場合には、体内のホルモンバランスが崩れてしまうことで心身の健康に予期せぬ影響が及ぶ可能性が否定できません。
特に妊娠中の女性で、胎児が男児であった場合は、フィナステリドに触れることで胎児の性器形成に副作用がでる危険性もあります。
そしてフィナステリドを含む治療薬は、内服薬として服薬するのが一般的です。
そのため肝臓に対する影響も、決して無視できないものです。
飲み続けることが必要なため、元々の肝臓の状態によってはそれが負担となり、肝機能に副作用が出てくることも考えられます。
気になる方は服用前にかかりつけ医に相談することが求められます。