• ホーム
  • 頭皮環境を整えてフィナステリドの効果を発揮させよう

頭皮環境を整えてフィナステリドの効果を発揮させよう

2019年09月30日

毛生え薬と呼ばれているのがフィナステリドを含んでいる内服薬です。
フィナステリドは男性型脱毛症への対策として利用される成分ですが、薄毛の改善の為にもなくてはならない存在です。
病院での治療の際にも利用され、脱毛の原因が男性型脱毛症だった場合はこの薬が処方される事が殆どです。

非常に効果の高い処方薬ですので、薄毛の改善の為にも利用した方が良いと言えますが、ただ万能薬という訳ではありません。
毛生え薬として扱われているものの、フィナステリドには脱毛を抑える作用しかありませんし、発毛させる成分は含んでいませんので、発毛させる事はできないのです。
したがってフィナステリドを処方してもらっても薄毛を改善できるとも限りません。

効果的にフィナステリドを利用する為にはいくつかの工夫が必要になるのですが、例えば頭皮環境を整える必要があります。
毛髪の土壌とも言える頭皮環境の乱れは薄毛リスクを高めますし、せっかくの薬の効果も低くしてしまう恐れがあるのです。

頭皮環境を整える為にも注意したい事がありますが、その一つとして整髪料の使い過ぎです。
ワックスやスプレー、ジェル、ムースなどの色々な整髪料がありますが、使い過ぎてしまうと頭皮に良くない事があります。
特に頭皮にべったりと整髪料の成分が付着するような使い方は良くありません。
整髪料には油分が入っている物が多いですし、またケミカル成分が付着するのは頭皮にとってダメージになります。
そのようなダメージが蓄積されてしまうと薄毛リスクが高まるのも自然な事です。
頭皮は常にクリーンな状態である事が大切ですので、整髪料を使うにしても使い過ぎにならないように注意が必要ですし、ましてや頭皮に付着させないように注意が必要と言えます。